さいとう接骨院

痛みを我慢しながらプレーしている選手たちへ

こんにちは。トレーナー活動でよく学生の部活動などをみさせてもらうのですが、ケガや痛みを我慢しながら練習や試合に参加している生徒をよくみかけます。
チーム状況や個人の意志もありますが、無理をして試合に出場してよいパフォーマンスを発揮している選手はほとんどいません。
私自身が学生時代から腰痛に悩まされていたこともあって、プレーできないもどかしさや大事な試合に出られない悔しさ、レギュラーの座を奪われる不安などよくわかります。
ただ、一つ言えることは、我慢しながらプレーを続けてもいいことは一つもないということです。
症状は悪化していくし、もしかしたら大事な場面で思うように動けず、一生悔いが残るかもしれません。 今後の競技生活にも影響を与えてしまうかもしれません。
プレーを続けながらケアをしていけばいいのか、運動量を制限しながら治療するのか、完全休養し治療に専念しなければならないのか、アドバイスや施術をしますので、自分の判断だけではなくどんどん頼ってきてください。最大限協力させてもらいますので!

image2 image3