さいとう接骨院

鎖骨骨折の治療について

こんにちは、今回のブログは真面目にいきます!いや、いつも真面目に書いてるんですけど、医療的な話ってことで(^^;)
写真は5歳の女の子、階段から転落し右鎖骨骨折です。
骨癒合までに一般的には保存療法で4週間かかります。その間クラビクルバンドと呼ばれる装具によって骨折部の転位を防ぎ安定させます。経過がよければそのまま様子をみますが、癒合が悪ければ手術の適応となり、直接骨を固定することになります。

さいとう整骨院(スポーツ外傷・障害、交通事故はおまかせ!)  ℡079-234-5554



写真は20日後のもので、仮骨がしっかりとでき、骨折部も安定しています。この段階でクラビクルバンドは除去しました。
本人も日常生活での動きの中で全く痛いと言わなくなりました。
骨折の後療にはオステオトロンがおすすめです。微量の超音波を連続照射することで治癒力を高めていきます。
それにしても子どもの回復力には驚かされます!!触診するとややふくらみを感じますが、成長とともに左右差はなくなっていくと思われます。
今回のような鎖骨の骨折や肋骨の骨折、下腿部の疲労骨折など、オステオトロンが活躍する症例は多々ありますので、気になる方はご相談くださいね!!

image2 image3