さいとう接骨院

手首が痛い!!指の曲げ伸ばしで引っかかる!

今回は腱鞘炎についてのお話です。
最近の来院でも多くみられるのが手首の腱鞘炎と指の引っかかり、いわゆるばね指です。
指や手首を曲げたり伸ばしたりするとき腱が浮いてしまわないように、腱鞘というバンドによって腱は抑えられています。
繰り返し負担がかかることによって手首や指の付け根で炎症を起こします。特に女性に多い症状です。



産前産後や更年期に多く発症するので、育児や家事に支障が出てくるようになります。
重度になると手首に力が入らなくなったり、腱が肥厚して指の曲げ伸ばしが困難になったりします。
整形外科ではステロイド注射や腱鞘の切開手術を行います。
↑ここまでいくとかなり発症してからの時間も経過しているので、とにかく早期の治療が望ましいです。
早期の状態であれば十分整骨院でも対応できますので、お気軽にご相談ください。
炎症を抑えながら、サポーターなどで日常生活での負担を軽減していきます。

image2 image3