さいとう接骨院

今年最後の投稿です☆

今年最後の投稿になります。年末年始を有意義に過ごすために体のケアをしっかりされてきたみなさん、おつかれさまでした!年明けは5日からの営業になりますが、それまで自分自身でも体のケアはしておきましょうね!

とはいっても急にどこかを痛めてしまうことがあるかもしれません!
お正月休みで駆け込む病院もありません。もしどこかを痛めてしまったときの対処法として一番簡単なことは安静にすること。そして温める・冷やすことです。
では、どういう症状は温めて、どういう症状は冷やすとよいのか、意外とわからなかったりします。
ぎっくり腰になってしまった。足首をひねってしまった。さて温めるのか冷やすのか・・・。
明らかに腫れが出た場合や安静にしていても脈打つようにうずく、痛む場合は冷やしてあげた方がいいでしょう。20分ほど冷やして、10分ほど間をおいてまた冷やす、を数回繰り返しましょう。
逆に動いたら痛いが安静にしていると楽になるような症状や、腫れのないものについては温めて血行をよくしてあげたほうがいい場合が多いです。
冷湿布や温湿布では冷やしたり温めたりという効果はあまり期待できませんので、ご注意を!
では、健康で楽しいお正月にしてください☆
今年1年ありがとうございました!

image2 image3