さいとう接骨院

新生活スタート!気持ちを新たに!

中学校、公立高校は今日が入学式ですね!気持ちを新たに、勉強や部活動に励んでくださいね!

色んな事に挑戦しながら充実した生活を送ってください。
写真は学生さんとは全く違いますが、新しい環境に慣れるまで、気を引き締めてケガなく乗り越えましょうという事で載せてみました!
親指が過伸展して内出血している症例です。    



親指の付け根の側副靭帯の損傷があれば動揺性があり、場合によっては手術も検討するのですが、この方は親指を曲げる筋肉の損傷だけだったので保存療法で経過をみていくことになります。
治癒過程において炎症反応は必要ですが、必要以上の腫れは治癒の遅れをまねくので、除去していきます。
固定しつつ、二日後からはオステオトロンや微弱電流により組織の修復をはかります。
腫れが軽減してきたら癒着をとりながら可動域訓練(等尺性の筋運動から徐々に等張性の筋運動)をします。
バレーボールの選手ですので状態をみながら徐々にボールを使った運動も取り入れて復帰します。
この症例では2週間ほどかかると伝えています。
急なケガでお悩みの方は一度ご相談を(^^)/

image2 image3