さいとう接骨院

さいとう整骨院の日常

  • 有痛性三角骨とは

    こんにちは、各地でキャンプ真っ只中、もうすぐWBC(ワールドベースボールクラシック)も始まりますね!
    大谷選手の出場辞退は非常に残念ですが、気持ちを一つに優勝目指して頑張ってもらいたいです!そこで今回は大谷選手の足首の怪我の話。
    大谷選手の足首の怪我は、有痛性三角骨障害とみられています。三角骨とは、足首の距骨(きょこつ)という骨の後方にあります。すべての人にあるわけではなく、過剰骨と呼ばれているものです。それでも一割ぐらいの人には存在する骨です。
    距骨の後側には、外側と内側に結節と呼ばれる隆起があります。成長の過程で距骨本体とくっつき一体化します。何らかの原因で癒合しないままになる場合があります。癒合しなかった状態が三角骨となります。
    三角骨障害が起きる原因については足首を急激にひねるなど一度に大きな負荷がかかったことによるもの。足首に過度なストレスが繰り返しかかり、オーバーユースにより痛みが起こるものがあります。繰り返しのストレスにより、骨棘と言われる骨の先が尖った状態になり、周囲の組織を挟み込み、痛みが起きやすい状態になることもあります。サッカー選手やバレーダンサーや新体操の選手など、つま先を伸ばしてプレーをする競技に多く見られる症例です。大谷選手の場合、投球時の蹴り足で底屈(つま先を伸ばした状態)になり痛みが出るようです。
    某番組で『喝!』をよく入れてらっしゃる方が大谷選手の症状について走り込みが不足しているからと言っていましたが、それは関係ありません。どういう意図でおっしゃったかわかりませんが・・・。
    三角骨自体はもともとあったものでしょうし、昨年の日本シリーズで足首を痛めたことや、投球時の負荷による障害と考えられます。
    炎症を抑えながら保存療法でいくか、手術をするかといわれていますが、今後また負荷をかけ続けると再発する可能性は高いので、早い段階で手術をした方がいいかなと個人的には思います。
    周りの症例をみても三角骨や骨棘除去の予後はいいので、投球に影響なく復帰できると思います。
    今はキャッチボールを見ていても右足で地面をあまり蹴らずに投げている状態です。しっかり完治させて躍動感あるピッチングをまた見せてもらいたいですね!!    

    詳しくはこちら

  • 新しい目印!!

    さいとう整骨院に新しい看板が設置されました!!
    今まで分かりにくくて通り過ぎてしまった方、道側北向きに縦看板を設置しましたので、もう通り過ぎることはないと思います(笑)
    フェイシャルケアの看板のほうがかなり目立っているとのご指摘もありそうですが、両院ともよろしくお願いしますね。
    また、2月16日(木)はヨガ教室を開催!
    2月23日(木)~25日(土)の3日間、院内にてインデプス(EMS:電気的筋肉刺激)の体験会を開催しますので、こちらもまだまだ受付けていますからよろしくお願いします!!

    詳しくはこちら

  • あけましておめでとうございます!

    2017年、最初の投稿です。
    年始バタバタしててはや10日が過ぎてからの初ブログお許しください!
    今年も一人一人の患者さんにとって最良の施術プランを立てて、痛みのないよりよい人生に貢献できるよう努めてまいります!
    問診はしっかりと!
    カウンセリングはわかりやすくていねいに!
    徒手検査は的確に!
    施術でしっかり治していく!
    当たり前のことですが、気を引き締めてまいります!
    ちょっと気になる症状から首・肩・腰・膝などの痛み、スポーツ障害、日常の怪我、いつでもお問い合わせくださいね!

    詳しくはこちら

  • 今年最後の投稿です☆

    今年最後の投稿になります。年末年始を有意義に過ごすために体のケアをしっかりされてきたみなさん、おつかれさまでした!年明けは5日からの営業になりますが、それまで自分自身でも体のケアはしておきましょうね!

    とはいっても急にどこかを痛めてしまうことがあるかもしれません!
    お正月休みで駆け込む病院もありません。もしどこかを痛めてしまったときの対処法として一番簡単なことは安静にすること。そして温める・冷やすことです。
    では、どういう症状は温めて、どういう症状は冷やすとよいのか、意外とわからなかったりします。
    ぎっくり腰になってしまった。足首をひねってしまった。さて温めるのか冷やすのか・・・。
    明らかに腫れが出た場合や安静にしていても脈打つようにうずく、痛む場合は冷やしてあげた方がいいでしょう。20分ほど冷やして、10分ほど間をおいてまた冷やす、を数回繰り返しましょう。
    逆に動いたら痛いが安静にしていると楽になるような症状や、腫れのないものについては温めて血行をよくしてあげたほうがいい場合が多いです。
    冷湿布や温湿布では冷やしたり温めたりという効果はあまり期待できませんので、ご注意を!
    では、健康で楽しいお正月にしてください☆
    今年1年ありがとうございました!

    詳しくはこちら

  • 患部の固定の意義

    こんにちは!朝晩の冷えに加えて日中の気温も上がってこない今日この頃。寒さに負けていませんか?
    今日のお題は「固定」。最近では装具を作ったりして患部の固定をする整骨院も減ってきましたね(^_^;)
    固定の目的は骨折や脱臼ならば、整復後の再転位防止、再脱臼防止ということになりますが、捻挫や軟部組織損傷の場合、安静保持を目的とします。
    これらはどちらも患部の治癒過程において非常に重要になってきます。

    詳しくはこちら

  • アマチュアアスリートの身体ケア

    こんにちは!秋も深まり朝晩の冷え込みも本格的になってきましたね!
    今回は日々スポーツに打ち込まれているアスリートの方々について書いていきたいと思います。
    プロのスポーツ選手は自分のパフォーマンスがお給料に直結してきますので、当然コンディショニングにも力を入れています。コンディショニングとは(調整する、整える)という意味です。一方アマチュアのスポーツ選手は今までなかなかコンディショニングをしっかりしてパフォーマンスを上げるということができていませんでした。
    しかし最近ではアマチュアスポーツの場でもトレーニング・コンディショニング専門のコーチがついたりして意識が高まってきたと思います。
    さいとう整骨院でも試合前、試合後のコンディショニングをするスポーツ選手が多くなってきています。
    ケガをしてからでは遅いです。真剣にスポーツに取り組んでいる方こそ、自分自身の身体を知り、コンディショニングしていきましょう!!
    写真は不安定なパッドの上で中殿筋(お尻の筋肉)と内側広筋(太ももの内側の筋肉)に通電し筋収縮をさせながらハーフスクワットをしています。中殿筋と内側広筋を促通させ筋出力を高めることを目的としています。

    詳しくはこちら